RC躯体図CADシステム [コンクリート躯体図・施工図]


躯体施工図を3D専用機能でトータル支援
短い工期で図面を仕上なければならないのに、変更、修正が多いとされる建築施工図。RC躯体図システムは、短時間で簡単にコンクリ−ト躯体図を作成するシステムCADです。施工図センター、施工図事務所、建築現場まで幅広く効率的に活用されています。

設計図書より部材リストを登録し、通芯に部材を配置作業するだけで、3次元躯体CADデータの作成ができます。躯体図特有の部材記号、部材寸法も同時に自動表記されます。フカシの一括入力や、レベル変更は常時可能。3次元処理ですので、記号・寸法・断面も完全連動します。

従来の汎用CADによる作図にくらべ圧倒的な時間短縮を実現します。入力したデーターは、任意の縮尺で図面化することが可能です。また、AUTO-CADデータ(DWGファイル)やJW-CADデータ(JWCファイル)にすることも瞬時に可能です既に導入済みの汎用CADを生かし躯体図面生成用のアドオンソフトとしての組合わも可能です。

作成したデーター躯体図は3次元ですので、自由な角度でのパース表示、任意の断面図自動作成など、データーの有効利用は幅広く可能です。図面化したデーターは、図面DRAWシリーズで編集すると、より便利に効率的な躯体図編集が可能となります。

DXFファイルはもちろん、DWGファイル、JWCファイルのIN・OUTも可能です。優れた互換性を持っていますので、取引先のCADに対して高精度なデータ変換が可能です。


操作画面の遷移 [ 同一物件での流れ ]
コンクリート躯体図 [ ワイヤーフレーム ] コンクリート躯体図 [ 陰線パース ]
指定角度のワイヤーフレームがいつでも表示可 陰線処理にてビジュアルな表示
コンクリート躯体図 [ 断面図 ] コンクリート躯体図 [ 構造躯体配置 ]
指定した切断位置での断面図がいつでも表示可 基本配置は違和感のない平面イメージで実行


RC躯体図システムの概要
コンクリート躯体図 [作図画面]   コンクリート躯体図 [ 作図・3D画面 ]

部材リストとの完全連動により立体形状の躯体をスムーズに作成します。

躯体専用のメニュー構成となっておりますので応用操作を必要とせずに各種躯体図の作成が可能です。作図は縮尺・用紙サイズ・範囲を指定するだけで自動作図します。断面・立面も切断位置等を指定するだけで高速生成されます。

三次元CADシステムが故に平面と断面との整合性が確立され、記載ミス等による図面の間違いが解消されます。
   

  ■作図対象図面

基礎伏図 [ 独立基礎・布基礎・地中梁 ]

見上躯体図

見下躯体図

躯体断面図

屋上伏図

躯体矩計図 [ 階数範囲指定の連続断面 ]

白図(構造躯体線のみ→設備躯体に転用)

躯体立体図 [ 回転自在 ]

  ■躯体数量積算

コンクリートボリューム
  階別・工区別・全体

型枠数量
  階別・工区別・全体

出力形式
  プリンタ印刷・EXCEL出力
  数量集計表は図面内にも貼付け可

  ■3D躯体図専用コマンド

基準芯・階高芯・補助芯
連続基礎 [フーチング部傾斜対応]
独立基礎 [各種形状に対応]
柱 [四角・丸・台形]
梁 [傾斜・水平垂直ハンチ・地中梁・R・キャンテ]
壁 [傾斜・垂壁・袖壁]
間仕切壁 [ALC・ブロック]
スラブ [傾斜・R・キャンテ・耐圧盤]
ベランダ
パラペット
開口
フカシ
断熱材打込
部材レベル変更
部材記号 [移動・調整]
部材寸法 [追加・移動・調整]

  ■自動作図

各種躯体図を自動作成出来ます。3D躯体をベースに縮尺・用紙サイズ・レイアウトを指定し何枚でも異なる設定条件にて自動作図します。現場で説明のしにくい部位の断面も苦労なく手軽に生成します。オブジェクト思考の本格CADシステムです。

平面生成 [ 見上・見下・伏図 ]
断面生成 [ 切断位置・見えがかり・斜め ]
立面生成 [ 方向 ]
部材別設定 [ レイヤ・部材指定・線種・線幅 ]
切断部位の裏塗設定

  ■作図

CWORKS・DWG・DXF・JWC形式
1/1から1/1000まで
JIS [A4〜A0] + フリーサイズ
コンクリート躯体図 [見上図]
コンクリート躯体図 [見上図]R]
コンクリート躯体図 [見上図・斜め]
コンクリート躯体図 [数量調書]
数量集計は数量調書形式 [計算式付]
コンクリート躯体図 [数量調書EXCEL]
数量集計結果は EXCEL にも出力可